「弥生16シリーズ(仮称)」のOS対応方針について

日頃より当サイトをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。

【弥生製品をご利用の皆様へ】
弥生株式会社より今秋提供開始予定の「弥生16シリーズ(仮称)」のOS対応方針についてが発表されました。

弥生 16 シリーズ(仮称)は、WindowsXPにインストールできません

「弥生 16 シリーズ(仮称)」は、日本マイクロソフト社がすでにサポートを終了している、「Windows XP」「Windows Vista SPなし/SP1」「Windows 7 SPなし」などのOSに、インストールすることができません。

お客さまがWindows XPで弥生製品のご利用を継続されている場合、本年度の年末調整や確定申告を行うことができず、業務が滞る可能性がございます。

非対応の対象となるOSは、以下の通りです。
  • Windows XP(SPなし/SP1 ~ SP3)
  • Windows Vista(SPなし/SP1)
  • Windows 7(SPなし)
  • Windows Server 2003(SPなし、SP1、SP2)
  • Windows Server 2003 R2(SP1、SP2)
  • Windows Server 2008(SPなし、SP1)
  • Windows Server 2008 R2(SPなし)

「弥生 16 シリーズ」が発売されるまでに、最新OSを準備してください

弥生製品のプログラムやデータを別のパソコンに移行する作業には、まとまった時間が必要です。
お客さまが、Windows 7やWindows 8のパソコンをお持ちでない場合には、通常の移行作業に加え以下のような時間が必要となります。
 

  • 新しいパソコンのご購入にかかる時間
  • 新しいパソコンの設定にかかる時間(ネットワークやプリンターなどの設定も必要です)
  • 弥生製品をはじめとする必要なプログラムやデータの移行作業にかかる時間
  • 新しいパソコンやOSの操作に慣れていただく時間

など

できる限り早く、最新OSのパソコンへの弥生製品の移行をご検討ください。

*弊社では、上記掲載内容に関してのお問い合わせは受け付けておりません。

お問い合わせは、弥生株式会社カスタマーセンター
電話番号:050-3388-1000(IP電話)
受付時間:9:30~12:00 13:00~17:30
(土曜・日曜・祝日および、弥生株式会社休業日を除く)
※IP電話をご利用になれない場合は 03-5207-8841、または 06-6613-7100

パッケージ製品のご購入
弥生ネットワーク導入のご相談

IT導入支援事業者 令和2年度補正
サービス等生産性向上IT導入支援事業