VPNで複数拠点でのデータ共有

VPNを活用してもっと業務効率化を図りましょう!

vpn

例)弥生販売を複数拠点で使用するには。。

 弥生ネットワーク版を拠点間で使用する場合はVPNという手法を用いてさらにアプリケーション仮想化
(Citrix社)のセットで運用されることをお勧め致します。
単にVPNを張っただけで拠点側に弥生ネットワーク製品をインストールして使用しても遅いだけで
使えません!アプリケーション仮想化とはサーバー側で弥生ネットワークを起動しクライアント側には
その画面のみ転送して使用するといった方法です。これによりクライアント側には全く負荷はかからない
し、セキュリティの面も安心してご利用できます。
ただ、構築するのは専門知識が必要になります。

まずは一般的な構成を見てみましょう

network

メリット

デメリット

費用は?

必要な機材等メーカー費用(概算)
VPNルーター YAMAHA100,000円
 仮想化ソフト CITRIX300,000円
 サーバー機器 FUJITSU200,000円